大学ではじめて触れる環境デザイン。
授業を通して、やりたいことが見える!

大学に進学する人すべてが、自分のやりたいことを明確にとらえているわけじゃない。4年間の大学生活の中で、少しずつ自分の夢や目標を定めていく人も多い。今回は神戸芸工大で初めて建築の勉強を始めた先輩に注目。どんな思いで入学に至り、今どのような勉強に取り組んでいるかを聞いてみた!

プロフィール

環境デザイン学科 2年
橋本 意舞さん
兵庫県立尼崎西高等学校出身


橋本さんは今年の春から2年生。いま大学でどんな勉強をしていますか?


環境デザインの勉強をしています。2年生になってから、神戸市内にある実際の土地を利用した「コミュニティ施設」の設計に取り組みました。設計プロセスを実践的に学ぶのはそれが初めて。今はランドスケープの課題に取りかかっています。


橋本さんが課題で質感にこだわって制作した模型


高校生のときから建築等に興味があったのですか?


今ほどではなかったです。神戸芸工大で学ぶようになってから、建物や通路を見る目がグッと変わってきました。設計のアイデアにも気付けるようになって、「凄いなぁ」と感動することもあります。


なぜ環境デザイン学科を選ばれたのですか?


高校生では理系で物理を学んでいて、もともと頭を動かすことが大好き。進路を考えたときに「何かデザインを学びたい!」と強く思い、いろいろ検討した結果、環境デザイン学科を選びました。昔から絵を描いていたので親も「芸大に進学するんだろうな」とは思っていたみたいですが、この学科はちょっと意外だったみたいです。笑


親御さんが意外に思うぐらい、環境デザインとの接点は薄かったのですね。新しい分野への進学、不安はありませんでしたか?


入学直後まで感じていました。「デザインでも、ファッションとかインテリアの方が良かった?」とか、「高校で建築を学んできたクラスメイトについていけるかな」とか。でも授業を受け始めたら「人の役に立てる仕事なんだ!」と実感できて、自分の選択に心から納得できました!授業もわかりやすく、友達と差を感じることもありません。


環境デザインが学べる学校の中で、神戸芸工大を選んだ理由は?


他の大学と比べて「一人で取り組める環境」が整っていたからです。環境デザイン学科は2年にあがると自分の机が持てます。まわりに影響されず作業に没頭できるのがいいなと思いました。あとオープンキャンパスの雰囲気が良かったのも印象に残ってたので。


オープンキャンパスと実際のキャンパスライフ、イメージしていたものとのギャップはありましたか?


想像以上にしっかり学べるんだな、という嬉しいギャップがありました。建築の場合だと、設計の基礎から細かく丁寧に教わってます。だからこそ授業も思っていた以上に面白い!設計プロセスを学ぶ一環で行なった模型作りも、教室の空気が部活みたいになって楽しかったです。


神戸芸工大で充実した日々を過ごしているのですね。これからはどんなことを学びたい?


1年生のときの授業で学んだランドスケープがすごく好きで、興味津々なんです。講義を受けているときから、自分には合ってそうだなと感じていました。ちょうど次の課題で取り組めるので、とても楽しみ。今後どういう方向に進むかはまだ決めてないけど、3年生後期からのコースに特化するまでは、いろんなことにじっくり向き合おうと思っています。


神戸芸工大への進学と同時に、建築の世界へ足を踏みだした橋本さん。今は模型をつくりながら、実践形式で専門知識を学んでいるそう。放課後、学科の仲間たちと課題に取り組むのは「部活のようで楽しい」と語ってくれました。初めての挑戦に不安を抱きつつも、前向きに取り組み、新たにやりたいことを見出している橋本さん。卒業までの残り2年半、彼女の成長が楽しみです。

TOP
ゲーコーゴーゴー ワクワクを体験するイベント紹介!